【東大発AIベンチャー】複数の自動運搬ロボットを同時に制御するシステムを開発

最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区、代表: 大澤 琢真)は、 複数の自動搬送ロボット(以下AGV)を同時に動かすシステム(以下 群制御システム)を開発した。本技術により、従来の自動搬送ロボットができなかった広範な業務の実現を遂行し、物流現場における人手不足の解消・スペース効率の向上に貢献する。

  • 開発の背景

近年、スマートフォンやタブレット端末の普及によりネットショッピングの需要がますます高まっている。
その一方で、ECセンターにおける労働力不足やセンターを建設するための土地不足は年々深刻化している。

そこで、TRUST SMITHは「AGVの群制御システム」を開発した。
本AGVは運搬業務だけでなく、ピッキングシステムなどと組み合わせることにより、既存のスペースを用いて倉庫内の自動化が可能となる。

  • 本技術について

本技術は、複数台のAGVが存在する環境下においても、AGV同士が衝突すること無く、最適なAGVに最短経路で自律走行させるシステムである。

①他AGVとの動きを調整
AGV同士が共同で作業する空間において、お互いが衝突しない高度な回避機能が備わっている。

②目的地までの最適経路を自動で算出
センサから取得した情報を元に自身で地図を生成する。自己位置を常に把握しており、指示もしくはシステムとして事前に登録することで、目的地までの最適な経路を生成する。

③最適なAGVを選択
複数のAGVが存在する中で優先順位を決定することで、全体的によりバランスの取れた動きが可能となる。 また、AGV全体の使用率のバランスも取ることも可能。

④ハードの種類に関係なく適応可能
ソフトウェアの適用はAGVのハードはメーカー問わず対応可能であり、価格帯やユースケースに応じて最適なAGVを選定し、群制御を行うことが可能。

  • 今後の展望

今後は本AGVをピッキングシステムと組み合わせることにより、物流倉庫内のスペース効率の向上に貢献していく。また、使用するハードウェアやソフトウェアをより安価に抑えることで、幅広い物流現場での導入を目指す。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる