News Release

自動車工場におけるティーチング不要のアームロボット制御AIアルゴリズムの提供を開始

従来の自動車工場におけるロボットアームの課題 

国内の主要産業の一つ、自動車・自動車部品業界では、産業用ロボットを活用することで生産工程の自動化を図るファクトリーオートメーションが推し進められてきた。溶接や塗装、組付など様々な工程において、生産コストの削減や品質の安定化に寄与する産業ロボットは今や無くてはならない存在となっている。日本が自動車業界において世界で一歩抜きん出ることが出来たのは、これらの産業ロボットの発展があったからと言っても過言ではないだろう。

 このように、自動車の製造における様々な作業工程において目覚ましい活躍を遂げてきた産業ロボットだが、現在製造現場で導入されている産業ロボットにはまだまだ課題も残る。その一つに「ティーチング」の作業工程の必要性が挙げられる。

 ティーチングとは、産業用ロボットを製造現場で実際に動かすにあたり、要求する経路に沿ってロボットが稼働できるようにブログラミングを施す作業のことだ。ティーチングマンには、専門的な技術や知識が求められるが、国内でその数が不足していると言われている。人件費削減のためにロボットを導入しようとしたつもりが、ティーチングマン育成のために、かえってコストが増加してしまうというケースも少なくない。

同社が提供を開始したティーチングレスのAIアルゴリズム

 今回、同社が提供を開始したのは、AIによるティーチングを不要としたアームロボット制御アルゴリズムだ。

 仮想空間上において自動で経路を生成することが可能となり、従来、ロボットアームを導入する度にティーチングマンが実施していたティーチングが不要となる。これにより、ティーチングにかけていた教育コストの削減や、ティーチングマンの人手不足解消に繋がることが期待される。

 また、AIを搭載した産業用ロボットは、従来の産業用ロボットが対応できなかった精密な作業が可能となる。

 従来のロボットはプログラムで事前に定められた動作を実行するため、流れてくる製品の向きやタイミングを一定に揃える必要があった。また、少しでもプログラムと異なる挙動があった場合、ロボットが対応出来ず、生産ラインがストップしてしまうという問題が生じていた。今回発表されたティーチングを不要としたAIアームロボットは、カメラをつける事で製品の位置ズレなどにも自動で対応する事が可能となる。

すでに現場で稼働しているロボットにも追加でAIアルゴリズムを搭載可能

 同社が提供するアームロボット向けAIアルゴリズムは、すでに現場で稼働しているロボットにも追加で搭載することが出来るとのこと。

 「ティーチングレス化」や「複雑な処理への対応」が可能となるため、長期的な運用を予定している場合、AIアルゴリズムを導入した方が費用対効果が高くなることが期待される。

<関連プレスリリース>
●東大発のAIベンチャーが、人工知能を使った障害物回避型アームのアルゴリズム開発に成功
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000049040.html

●【東大発AIベンチャー企業】人工知能を使った自動搬送ロボットの開発に成功 人間とロボットが協働する社会の実現へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000049040.html