3D ARCHITECT

専用の方眼紙に手書きした間取り図を写真撮影するだけで、3Dパースに自動で変換します。パースや平面・立面、プレゼンシート等、施主様へのわかりやすい提案資料を簡単に短時間で作成する事ができ、お施主様を待たせないスピード提案を実現します。

特徴

手書き図面を自動で読み取りCADデータに変換

専用の方眼紙に手書きした間取り図を写真撮影するだけで、クラウドでAIによる画像認識を行い、CADデータに変換します。線や文字、建具など図面上の様々な要素を抽出することができます。

3Dプランに自動変換

CADデータに変換し2二次元データを、3D図面に起こします。平面図では難しかった空間の理解が可能となり、お施主様の住宅に対するイマジネーションを支援します。

導入事例

住宅平面図の3DCADデータ変換システム

クライアントシステム会社C社様
課題同社は、住宅メーカー様や工務店様向けの営業支援システムである住宅平面図の3DCADデータ変換システムを開発していましたが、手書き平面図の読み取りAI技術の認識精度が低く実用が難しい状況にありました。
解決方法と導入後の成果線認識や色認識のアルゴリズムを最先端技術に変更するなど、ディープラーニングを用いたソースコードの改良コンサルティングを行い、読み取り精度を大幅に改善しました。同技術は、特許を取得し住宅メーカー様や工務店様の営業支援に役立てています。

サービスに関する
お問い合わせ

サービスの導入や共同研究などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ