GARDIA

画像認識技術を用いて自動で異常検知を行うAI。工場における機械の故障等といった異常をいち早く発見し、生産効率の向上や効率の良いメンテナンスを実現します。

特徴

想定外の異常、モデル化が難しい異常を網羅的に検知

「普段=正常」を学習させることで「普段と違う=異常」を網羅的に検出する解析システムです。従来の異常検知システムと比べ、起こりうる様々な異常に幅広く対応することが可能です。

機械装置の突発的な故障による被害を未然に抑制

装置の劣化具合を定量化し、故障すると予測したタイミングの一定時間前にアラートを発報します。最適なメンテナンスの時期を把握することができ、コスト削減に繋がります。

導入事例

食品工場の検査ラインでの機械の異常検出

クライアント東証一部上場食品企業E社様
課題原料を投下する機械の不良により、 多量の食品の不良品を廃棄してしまっていました。
解決方法と導入後の成果原料の投下状況を常時監視するセンサーを導入。 異常を検知した際にアラートで通報することで、生産工程における歩留まりの削減や、メンテナンスの効率化に成功。また、従来は人の手によって検査をしていた分の人件費を大幅に削減することが出来ました。

活用範囲

サービスに関する
お問い合わせ

サービスの導入や共同研究などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ