【東大発AIベンチャー】製造・物流現場における運搬業務を自動化、人と協働するロボットを開発

最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区、代表: 大澤 琢真)は、自動搬送ロボット(以下AGV)を開発した。本技術により、製造・物流現場における人手不足の解消、運搬業務の効率化、作業者の負担軽減に貢献する。

  • 開発の背景

近年、製造・物流現場では人手不足が深刻な問題となっている。
品質検査や仕分けの自動化などは進んでいるものの、運搬作業は未だに人手に頼っている現場が多く、作業者の負担は軽減されない一方である。

そこでTRUST SMITHは自律走行するAGVを開発した。本技術により製造・物流現場における人手不足の解消、運搬業務の効率化、作業者の負担軽減に貢献する。

  • AGV 概要

今回開発したのはリフト式のAGVである。受け取り場所・受け渡し場所にステーションを設けることで運搬の完全無人化を実現する。

床への装飾が不要
これまでの磁気誘導式やグリッド式のAGVとは異なり、床への装飾が必要ないため、工場のレイアウト変更に柔軟な対応ができる。

あらゆる大きさ・形状・重量に対応可能
写真の機体における想定ユースケースは、縦横1m前後の荷物が積まれたパレットを運搬することだが、ユースケースに合わせてハードウェア (機体本体) の設計、ソフトウェアの設計など全てオーダーメイドで開発が可能である。

  • 技術について

TRUST SMITHはこれまで自動運転の研究開発による物体認識技術、アームロボットによる障害物回避アルゴリズム(特許取得済み)などを培ってきた。
本AGVはそれらの技術を活かしており、具体的には以下のような特徴を持つ。

①自律走行
センサから取得した情報を元に自身で地図を生成する。自己位置を常に把握しており、指示もしくはシステムとして事前に登録することで、目的地までの最適な経路を生成する。

②障害物回避
床に段差や障害物がある場合はセンサーで検知し、自ら判断して避けることが可能。
人が歩いている空間においても運搬業務を行うことができ、「人と協働するロボット」としてデザインされている。

  • 今後の展望

今後はリフトタイプに限らず牽引タイプ・コンベアタイプとあらゆるタイプの機体開発に着手するとともに、AGVの群制御もR&Dにて完成させる予定だ。

アームロボットやAGF、WMS、FMSなどあらゆる機器やシステムと連携することで次世代工場・倉庫の実現に向けて、今後さらに研究開発に力を入れていく。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる